性行為以外の感染経路 | 女性は特に要注意!トリコモナスから身を守ろう

性行為以外の感染経路

緑の薬

トリコモナスとはゾウリムシのような原虫の一種で、この原虫が体内に侵入する事で様々な症状が現れます。この原虫が体内に入り込む経路としては性行為が代表的で、それ以外にもタオルやトイレ、お風呂等で体内に侵入する事もあります。男性の場合には尿道から侵入する事が多く、女性の場合には膣や子宮頚管に侵入する事がほとんどです。発症に関して地域差等は特になく、また年齢や性別等を問わずに誰でも発症する可能性を持っています。トリコモナスで現われる症状の代表的なものとしては、患部に痒みや痛みを感じるというのが挙げられます。ただし全ての患者に症状が現れるわけではなく、特に男性の場合には自覚症状がないままという人も多いです。

トリコモナスの治療方法については薬物療法を行うのが基本で、抗原虫薬等を服用する事になります。服用期間については10日程度の場合が多く、その後再び検査を受けてトリコモナスが確認されなければ治療完了です。ちなみにこの疾患は患部が患部なだけに、医師と面と向かって検査を受けるのにはどうしても抵抗があるという人も多くいます。そのため現在では必要な検査物を自分で採取して、それを郵送する事で検査が受けられるシステムも出来ています。ちなみにトリコモナスの検査や治療にかかる費用については、検査・治療ともに数千円程度の場合が多いとされています。この疾患が保険の適用となるか否かは状況等によって異なり、もし保険が適用となれば上記の費用の一部を負担するだけで済ます事が出来ます。