家族も安心はできない | 女性は特に要注意!トリコモナスから身を守ろう

家族も安心はできない

ポーズをとる女性

トリコモナスとは、肉眼では捉えられないごく小さな原虫が性器内に侵入することで炎症を引き起こす感染症です。男性は前立腺や精のうに寄生していることが多く、尿道炎や前立腺炎の原因となることも見受けられます。女性の場合は膣や子宮頸管、尿道や膀胱など広い範囲に寄生するのが特徴です。悪臭のあるおりものや、性器周辺に痛みやかゆみといった症状が現れます。男女共に自覚症状が無いか乏しい場合があり、感染に気づかないままパートナーなどに感染を拡大させてしまう危険性も考えられます。また、女性の場合は不妊症や流産の原因となるので注意しましょう。検査は病院で行えるほか、郵送を利用した検査キットを使って、自宅で行うこともできます。

トリコモナスは他の性感染症と異なり、若年層だけでなく中年層にも感染が広がっているのが特徴です。通常の性行為で感染するだけでなく、便座や浴槽などを共用する家族間で感染する可能性があります。下着やタオルなどに原虫が付着することで、性行為を行っていない幼児などに感染する危険性があるので、家族が感染した場合にも注意が必要です。治療は内服薬や膣錠を用い、10日間ほど行います。治療後に再び検査を行い、トリコモナスが確認できなければ治療を終了します。治療中はコンドームを使用することで性行為が可能です。多くの性感染症では性行為のパートナーも感染している確率が高く、トリコモナスの検査でも2人同時に検査と治療を行っていくことが大切です。